水道修理業者について知ろう

水道修理業者について知ろう 水道のトラブルを解するなら、やはり水道修理業者に頼むのが一番です。水漏れやつまりなど、家庭の水まわりの設備に何か不具合が起こった場合、電話一本で専門の修理スタッフが自宅へ駆けつけてくれるため、いざというときに頼もしい存在です。しかし、一度も修理を依頼したことがない人にとっては、どのような判断基準で業者を選べばよいのかと迷うことも多いでしょう。ここでは、良い業者を見極めるための選び方のポイントや、業者選びに欠かせない指定工事店についての基本的な知識、そして見積もりの重要性について解説しますので、参考にしてみてください。


■選び方のポイント

まずは、良いかもしれないと思えるいくつかの業者のサイトをチェックしましょう。次に自宅がそれらの業者の対応エリア内に入っているかどうかを確認します。営業所が近ければ近いほど、すぐにスタッフが駆けつけてくれる可能性が高いです。また、大手の業者はスタッフの数が多い傾向にあるため、依頼が混み合っているときでも、すぐに対応してくれる可能性があります。
実績や信頼度も重要です。確認すべき点の一つに創立年があります。公式サイトで確認でき、年数が古いほど、積み上げた実績があり信頼度が高いといえます。また、個人よりも法人の業者の方が信頼度では勝ります。アフターフォロー、サポートの有無についてもチェックしましょう。修理が終わったらそれっきりではなく、後のトラブルも補ってくれるのが良い業者です。
電話の応対や、修理担当のスタッフのマナー、あいさつなどを観察することでも、良い業者かどうかチェックできます。スタッフがてきぱきと手際よく作業を進めてくれそうなところを選びましょう。


■指定工事店とは
指定工事店とは、各自治体の水道局から認定を受けている業者を指します。会社の中に専属の水道設備責任技術者が在籍している、また水道設備の工事に必要な機材を保有しているなどの必要条件をクリアした業者です。指定工事店に認定されていることは、施工技術が高く、専門的な知識や修理方法を有している証でもあります。上水道と下水道の2種類があるため、どちらの認定も受けている業者を選びましょう。
指定工事店ではないけれど、低料金だからという理由で業者を選ぶのはリスクが高いといえます。指定工事店の認定を受けた業者以外が工事を行うことは、法律で禁止されているからです。もしも依頼してしまった場合、水道局から給水を止められてしまうこともありますので、必ず指定工事店であるかどうかを確認しましょう。

■数社から見積もりをとろう

よほど緊急の依頼であれば難しい場合もあるかもしれませんが、基本的には複数の会社から相見積もりを取るようにしましょう。口頭ではなく書面で見積書を出してもらい、スタッフから料金と工事の内容についての説明を受けます。こうすることで、大体の相場が分かります。あまりにも高額である場合はもちろん、反対に安すぎる場合にも注意が必要です。見積もりを取っても、料金や工事の内容に納得がいかないなら、その時点で契約せずに断って構いません。
また、見積もりの内容についての説明が丁寧で、分かりやすく明瞭に話してくれる業者は信頼できるでしょう。お客さんに心配なく依頼してもらいたいという気持ちが伝わってくるような対応ができているかどうかが重要です。

■まとめ
インターネットで検索すると、水道 修理を自分で行うやり方を書いたサイトが多く見られます。詳しく親切に方法を書いてくれているサイトは多いですが、普段からDIYに慣れていない人は途中で分からなくなったり、直らずにさらに悪い状態にしてしまう場合があります。自分でやろうとしたけれど途中で挫折した場合でも、修理を引き継いでくれる業者がありますので、そこに頼めばOKです。自分で交換用の新しいパーツを購入している場合、それを使ってもらえるかどうかについても電話で相談してみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース